わさビーフ

山芳製菓の「わさビーフ」を紹介します。

1987年から発売されているロングセラー商品で、濃厚なビーフ味とほんのり甘い醤油味をベースに、香り高い長野県産ワサビパウダーをトッピングしたポテトチップです。

食べるとワサビが鼻にツンと来ながらも、濃厚で少し甘めのビーフ味が特徴です。

山芳製菓の「わさビーフ」の評価は?

パッケージは発売以来、一貫してワサビの緑色と、ビーフの牛のイラストが描かれているスナック菓子の陳列棚でお馴染みのお菓子です。

パッケージからワサビの味を連想させるような淡い緑色の色合いに、少し目尻の下がった牛さんのイラストがとても可愛いです。

カロリーと基本情報

わさビーフのカロリー

カロリーと基本情報
商品名 わさビーフ
メーカー名 山芳製菓
価格 95円
内容量 55g
カロリー 317kcal

中身

見た目

チップの見た目は普通のポテトチップという感じです。色合いも普通のコンソメポテトチップのようです。

見ただけではワサビが入っているようには見えません。

厚さもちょうど良く、揚げによって極端にチップが曲がっていたりはせず、全体的に均一な形とサイズのチップという印象です。

におい

においも、パッケージを開封しただけではワサビの香りはそれほどしません。

むしろ美味しそうなビーフの匂いがします。しかし、チップを手にとって鼻に近付けると、ほんのりとワサビパウダーの香りがします。

味はとても美味しいです。ワサビの辛さは思ったより強くありません。

というより、辛さは殆ど無いに等しいです。

食べ始めて一瞬だけワサビの香りが鼻にツンとくるだけで、あとはビーフと甘口の醤油ベースの味が口に広がります。

全体的に塩分は薄めで、むしろ甘口に近く、とても食べ易い甘辛系のポテトチップです。その甘口の味のアクセントとして絶妙にワサビが少し利いているという印象です。

食感

食感はポテトチップとしては厚みが薄く、歯触りが柔らかい部類で、噛んでいて固い部分や、揚げのムラなどもなく、サクサクと食べられます。

とても食べ易い食感のポテトチップです。

山芳製菓の「わさビーフ」の総合評価

わさビーフ

全体的な印象としては、一瞬パッケージを見ると「ワサビ」というフレーズに、辛いものが苦手な方は敬遠してしまいそうな印象を持たれるかもしれません。

しかし、山芳製菓の「わさビーフ」はとても食べ易いです。

むしろ全体的には塩分控えめで、むしろビーフと醤油ベースの甘口のポテトチップです。

ワサビパウダーは確かに入っていますが、唐辛子やハバネロなどのように口の中にいつまでも残る辛さではなく、食べ始めの一瞬だけ、鼻にツンと来るアクセントとしてしかワサビ味を感じません。

ワサビや辛いものが好きな方は勿論、辛いものが苦手な方や子どもさんでも食べることが出来る商品だと思います。