カルビー「かっぱえびせん」

カルビー「かっぱえびせん」を紹介します。

説明の必要がないくらいに知名度の高い「国民的スナック菓子」の代表である、かっぱえびせんを食べてレビューします。

カルビー「かっぱえびせん」を徹底レビュー

パッケージの特徴は何といっても、「エビ」をイメージした赤色です。

茹でて赤くなったエビの殻のような色合いの背景に、中央に大きな赤いエビのイラストが描かれています。

赤色は人の目を引き易く、注意を促す色合いなので、陳列棚の中でも一際目立つ存在です。

昔から変わらない基本デザインなので、誰もが見てもすぐに「かっぱえびせん」と分かります。

さらにパッケージ表面の下端には「天然えびまるごと・殻ごとカルシウム」と表示されていて、エビの味と栄養価を前面に出していることが分かります。

パッケージ裏にはイラスト入りで製造工程も書かれていて、登場しているキャラクターも可愛く、説明文の漢字にひらがなで振り仮名が付いているので、小さな子どもが読んでも楽しめる内容になっています。

カロリーと基本情報

カロリーと基本情報

カロリーと基本情報
商品名 かっぱえびせん
メーカー名 カルビー
価格 41円
内容量 26g
カロリー 128kcal

見た目

見た目はお馴染みのかっぱえびせんです。

細長く波型にカットされた形状で、全体的に折れているものが少なく、サイズが均一に仕上がっているので、小さな子どもから大人まで指でつまみ易いと思います。

におい

パッケージを開けると、海老の匂いがプーンと漂ってきます。

「えびせんべい」のような、干しエビの香ばしい香りです。

製造工程の説明では生地をカットした後に「煎って」作っているということでしたが、若干の植物油脂のような匂いも感じます。

一口食べると、口の中にエビの香りと味が広がります。

生のエビのような生臭さは一切なく、干して乾燥させた香ばしいエビの、ギュっと凝縮したような濃い旨みを感じます。

味は塩味基調で余計なものは一切入っていない素朴な味付けです。

やや塩分が多いので食べていると喉が渇いてきます。スナック菓子というより、「サラダ煎餅」に近い食感なので、どちらかというと「お茶菓子」という印象です。

食感

食感はサクサクとして柔らかいながらも歯触りが良く、ボリュームもあるので食べ応え抜群です。

原材料のエビは殻も含めて粉末に加工して生地に練り込まれています。

そのため、口どけも良く、噛んだ後にエビ味の塩っぱいスナックが口の中に広がりながらも、スッと溶けて飲み込めるので、小さな子どもからお年寄りの方まで安心して食べられるお菓子だと思います。

カルビー「かっぱえびせん」の総合評価

カルビー「かっぱえびせん」の総合評価

全体的な総評としては、「かっぱえびせん」は幅広い年齢層の方が食べられる代表的なスナック菓子です。

また、塩気の多いサラダ煎餅にも味や食感が似ているので「お茶菓子」のような食べ方にも最適なお菓子だと思います。