ジャパンフリトレーの「チートス(チーズ味)」

ジャパンフリトレーの「チートス(チーズ味)」を紹介します。

1948年にアメリカで誕生したサクサクした食感が美味しいチーズ味のスナック菓子です。

ジャパンフリトレーの「チートス(チーズ味)」を徹底レビュー

パッケージデザインは商品名や社名のロゴがアルファベットで書かれていて、一見すると輸入物の外国のお菓子のようにも見えるデザインが特徴です。

赤とオレンジ色の背景に、サングラスをかけた猛獣のヌイグルミのような外見の「CHESTER CHEETAH(チェスターチーター)」というキャラクターが、三角形のチーズを持って写っています。

元々はアメリカで誕生したお菓子ということで、全体的に外国風のお菓子のパッケージという印象を受けます。

カロリーと基本情報

カロリーと基本情報

カロリーと基本情報
商品名 チートス(チーズ味)
メーカー名 ジャパンフリトレー
価格 41円
内容量 24g
カロリー 131kcal

見た目

お菓子の見た目は手でつまみ易いゴツゴツとした鬼の金棒のようなスティック形状をしています。

全体的に折れているものは少なく、指でつまみ易そうです。

日本のメーカーの湖池屋の「スコーン」にとてもよく似ています。

いかにも堅そうなスナック菓子なので、とても食感が良さそうです。

におい

匂いはまろやかな酸味のあるチーズの濃厚な匂いがします。

全体的にチーズの香りが強く、コーンスナック菓子特有の油っこい匂いはあまりしません。

味は見た目よりは味が濃くはなく、とても食べ易いチーズスナック菓子です。

スナック菓子の表面にチーズパウダーが多めにトッピングされていますが、全体的に塩分は控えめです。

口に入れるとチーズ特有の濃い旨みと僅かな塩気を感じた後は、すぐに甘みに変わります。

原材料に砂糖が入っているのとコーンスナック特有の仄かな甘みが利いているせいか、全体的に甘塩っぱいお菓子という印象で、最後まで食べていても塩っぱさは全く感じません。

「おつまみのチーズ」を食べているようなとても食べ易い味付けです。

また、油っこさも思ったよりは少なく、後味もスッキリとしているので、ミニサイズの袋なら一人で食べ切れそうです。

食感

食感はスティック表面がゴツゴツとしているので歯で捉え易く、適度な硬さでサクっとしていて、とても歯触りが良いです。

口の中に入れるのにちょうど良いサイズで、スティックの両端が丸みを帯びているので、食べていて万が一口腔内に当たっても痛くなさそうなので、小さな子どもでも安心して食べられるお菓子です。

チーズ味のコーンスナックということで、歯にくっ付き易いかと思いましたが、食べてみると原材料のコーングリッツがかなり粗挽きなこともあって、殆ど歯にくっ付くことはありませんでした。

ジャパンフリトレーの「チートス(チーズ味)」の総合評価

ジャパンフリトレーの「チートス(チーズ味)」の総合評価

全体的に塩分や油脂分は控えめで、チーズの塩っぱさは食べ始めにしか感じず、あとは甘みが持続するので、とても食べ易いチーズスナック菓子という印象です。

おつまみにも最適だと思います。