自然味良品シリーズの「ミニポテト」

自然味良品シリーズの「ミニポテト」を紹介します。

大阪市の「株式会社エヌエス」が企画元となって、様々な製菓会社が作るお菓子を「自然味良品」というシリーズとしてパッケージを統一して販売しているお菓子で、どれも一袋100円という手軽さが特徴です。

本商品は千葉県野田市にある「森永スナック食品株式会社」が製造し、新潟県上越市の「有限会社わかなみ」という会社が販売するという供給形態になっています。

自然味良品シリーズの「ミニポテト」を徹底レビュー

パッケージは「自然味良品」という統一ロゴが中央に印刷されていて、一目で一袋100円の均一菓子であることが分かります。

パッケージ表の左上の「ロングセラー」という古風な触書が昔懐かしいお菓子であるようなイメージを演出しています。

さらにパッケージ前面には一面にこのミニポテトの実物大写真がプリントされていて、なおかつ内容量がギッシリ詰まっているような感覚にも陥ります。

カロリーと基本情報

カロリーと基本情報

カロリーと基本情報
商品名 自然味良品ミニポテト
メーカー名 株式会社エヌエス
価格 108円
内容量 426kcal
カロリー 316kcal

見た目

ミニポテトの見た目は、一見するとファストフードのフライドポテトのような形状ですが、よく見るポテト菓子というよりは、スカスカなコーンスナックです。

サイズ的には縦横ともに5ミリ程度の角型で、長さが5センチ程度と細長い形状をしています。

におい

パッケージを開封するとジャガイモと揚げ油の匂いがします。

原材料を見ると「乾燥じゃがいも」「小麦粉」「米粉」「とうもろこし」「コーンフレーク」「しょうゆ」などとなっていますが、匂いとしてはジャガイモの香りが最も強く感じます。

ミニポテトを食べて見ましたが、ポテト菓子というよりは、どちらかというと米粉やコーンを原料にした「ポテト粉末入りコーンスナック菓子」というイメージです。

味付けに関しては「醤油」と「食塩」のみという非常に素朴でシンプルなものです。

味としては飽きがこないのですが、やや油分が多い印象です。

食感

食感はサクサクしていてとても軽い歯ざわりなのですが、口の中で噛んでいると粘り気を強く感じます。

原材料にトウモロコシや小麦粉、それに米粉が含まれているからだと思いますが、歯に付きやすく食べていると少し気になります。

自然味良品シリーズの「ミニポテト」の総合評価

自然味良品シリーズの「ミニポテト」の総合評価
総評ですが、大容量で安価なので大人数でシェアしながら気軽に食べられるポテト味コーンスナック菓子という意味では非常にお勧めです。

味がシンプルなので、幅広い年齢層に親しみやすいお菓子です。

見た目が似ていますが「ポテロング」や「じゃがりこ」のようなポテト系スティック菓子とは全く違うお菓子です。

また若干油分が多く、ボリュームが非常に多いので大人数向けのスナック菓子です。