筑豊製菓の「鯛焼あられ」

筑豊製菓の「鯛焼あられ」を紹介します。

エビを練り込んだ「あられ」に、醤油と水飴で表面をコーティングした甘辛い味のスナック菓子です。

筑豊製菓の「鯛焼あられ」を徹底レビュー

パッケージは透明フィルムを使用しているので中に入っている色鮮やかな「鯛焼あられ」を確認することが出来ます。

鮮やかなオレンジ色の鯛焼きの形をしたスナックは光沢があり、お菓子の陳列コーナーにおいても非常に目立つお菓子です。

「米油で揚げています」という文言、そしてパッケージ裏の筑豊製菓の挨拶文が非常に丁寧で、古き良き日本のお菓子という印象を受けます。

カロリーと基本情報

カロリーと基本情報

カロリーと基本情報
商品名 鯛焼あられ
メーカー名 筑豊製菓
価格 108円
内容量 100g
カロリー 479kcal

見た目

鯛焼あられは、文字通り鯛焼きの形をしており、生地そのものに鮮やかなオレンジ色の着色が施されています。

また生地表面には横向きに細い筋がいくつも入っておりますが、表面に塗布する「水飴」などの調味料の付着量を増やす為と思われます。

水飴を表面に塗布しているせいか非常に光沢があります。またサイズは1個当たり4センチ程度で、ちょうど一口サイズで食べやすいと思います。

におい

パッケージを開けると、「かっぱえびせん」や「海老せんべい」のような、エビの匂いがします。

それと同時に水飴や醤油の混ざった甘辛い香りも感じます。非常に不思議な独特の香りです。

非常に独特の味ですが、とても美味しい味です。表面は水飴と醤油が合わさった甘辛い味なのですが、中身の生地は「かっぱえびせん」のような味がします。

さらに僅かに「唐辛子」の辛さもあります。まるで「甘いかっぱえびせん」を食べているような感覚です。

個人的な感想ですが、かっぱえびせんよりも美味しいです。塩系の海老せんべいと水飴や醤油の組み合わせは意外にもマッチしています。

米油を使用しているので、非常にさらっとしていて軽い感じでヘルシーな味わいです。

食感

食感はサクサクとしていて食べやすいです。

硬い部分は全くありません。表面に塗布してある水飴も歯にくっ付くこともなく、とても食べやすいです。

ただし、表面のベトベトとした水飴成分が指に少し付くので、手を拭きながら食べる必要がありそうです。

筑豊製菓の「鯛焼あられ」の総合評価

筑豊製菓の「鯛焼あられ」の総合評価

非常に美味しいお菓子です。

昔から販売されているお菓子ですが、子どもの頃に食べた時も非常に美味しいと感じたものですが、大人になった今食べてもとても美味しいと感じる和風スナック菓子です。

ただ、気になった点が一つ、「唐辛子」を僅かに使用しているので、若干「柿の種」にも近い辛めのお菓子になっています。

大人にとってはこれが甘辛さを引き立てる「アクセント」として感じるかもしれませんが、小さな子どもにとってはやや辛いと感じるかもしれません。唐辛子無しのバージョンがあっても良いと思いました。