アクエリアス・スパークリング

コカ・コーラが販売する「アクエリアス・スパークリング」を紹介します。

スポーツ飲料のアクエリアスにグレープフルーツピールエキス、クエン酸2000mg、さらに炭酸を加えたことで、甘酸っぱさと爽快感を高めた商品です。

コカ・コーラの「アクエリアス・スパークリング」を徹底レビュー

パッケージフィルムを見ると、スポーツ飲料の「アクエリアス」の名称が目に入りますが、炭酸飲料なので丸型ペットボトルを採用しているのが特徴です。

「クエン酸2000mg」「グレープフルーツフレーバー」という文字に加えて、フィルムの色が黄色なので見た目の雰囲気からレモン系炭酸飲料のような雰囲気を醸し出しています。

また色合いから1980年代に販売されていた「アクエリアス・イオシス」を彷彿ともさせます。

カロリーと基本情報

カロリーと基本情報
商品名 アクエリアス・スパークリング
メーカー名 コカ・コーラ カスタマーマーケティング株式会社
価格 84円
内容量 490ml
カロリー 93.1kcal

見た目

見た目の液質はアクエリアスのような少し白濁したような質感がありますが、グレープフルーツエキスなどを添加したことによって、やや薄い黄色みを帯びているのが特徴です。

果肉のような大きな粒は入っておらず、全体的にサラっとした印象です。

におい

匂いはアクエリアス特有のスポーツ飲料的な匂いがしますが、キャップを開けると炭酸飲料特有のガスが抜ける音がするので不思議な感じがします。

またグレープフルーツの苦い匂いや甘酸っぱい匂いも感じることが出来ます。

飲んでみましたが、不思議な味がします。

レモン系炭酸飲料のような味を中心に、ほのかにアクエリアス特有のやや塩分が混じったスポーツ飲料の味が混ざっています。

グレープフルーツエキスの苦みがやや効いており、全体的に甘さはかなり控えめです。

飲み心地

炭酸の強さは普通です。

またクエン酸入りと書いてありますが、それほど酸っぱさは強くは感じませんでした。

不思議な味ですが、飲み心地としては普通の炭酸飲料の感覚で飲めます。

クエン酸入りと書いてあったのでかなり酸っぱい味を予想していましたが、実際に酸味はそれほど強くはないので比較的飲みやすいと思います。

後味にスポーツ飲料特有の塩分が少し効いた味が口の中に残るので好き嫌いが分かれるかもしれません。

コカ・コーラの「アクエリアス・スパークリング」の総合評価

コカ・コーラの「アクエリアス・スパークリング」の総合評価

全体的な感想ですが、当初は「アクエリアス・イオシス」のような味を予想していましたが、実際には大きく異なる味です。

イオシスはとても飲みやすかったのですが、このアクエリアス・スパークリングは炭酸が入っていることと、グレープフルーツピールエキスを使用していることで、やや苦み、そして炭酸の刺激の印象が強くなってしまいます。

この状態でも爽快感と清涼感は強いので美味しいのですが、個人的には炭酸を入れない方がより美味しいのではないかと思いました。