協同乳業の「ドトール ミルクたっぷりラテ」

協同乳業の「ドトール ミルクたっぷりラテ」を紹介します。

牛乳50%と北海道産生クリームを使用したコク深い味わいのカフェラテです。

協同乳業の「ドトール ミルクたっぷりラテ」を徹底レビュー

パッケージはファストフード店やコーヒー店で提供されるようなフタ付きの細長いカップのような形状のプラスチック製容器に入っており、容器側面にストローが付属しているのが特徴です。

パッケージは全体的に白い色が使われ、「牛乳50%使用」という表示と共に、ミルク感をイメージした色合いになっています。

「DOUTOR(ドトール)」のマークがとてもお洒落で、コーヒー好きな方の目にも留まり易いと思います。

原材料欄を見ると牛乳50%以上、そして「公正」のマークが目を引きます。

販売者は協同乳業ですが、製造者は静岡県焼津市のリフレカップ株式会社になります。

カロリーと基本情報

カロリーと基本情報
商品名 ドトール ミルクたっぷりラテ
メーカー名 協同乳業
価格 100円
内容量 200g
カロリー 153kcal

見た目

見た目は牛乳が50%以上も入っている為、コーヒー牛乳飲料としてはかなり色が薄いです。

そして濃度がかなり濃い感じがします。

普通のカフェオレのような水っぽい感じは全くなく、自宅でコーヒーを飲む際に牛乳をたっぷり入れて作ったもののような、こってりとした感じがします。

かなり濃いので開封する前によく振った方が良さそうです。

におい

牛乳の匂いが非常に濃厚です。

そして生クリームの香りも混じっています。

コーヒー由来のほろ苦い香りはかなり弱めです。

印象としてはまるでケーキやプリンのような洋菓子の匂いにも感じます。

非常に濃厚で美味しいです。

コーヒー豆由来の苦みはかなり弱めで、酸味は全くありません。

牛乳の量が多くとてもコクがあって奥深い味わいが特徴です。

甘さはかなり控えめです。

個人的にはもう少し甘みがあった方が美味しいと思います。

また人によってはコーヒー豆本来の苦みや酸味がかなり弱いので、コーヒー好きな方の中には満足できない人もいるかもしれません。

しかし、この牛乳を50%使用したことで生じる濃さ、そして後味に口の中に広がる生クリームの滑らかさは特筆すべきものだと思います。

飲み心地

飲み心地、口当たりは極めて滑らかです。

コーヒーの苦みや酸味が殆ど無いので非常に柔らかい味わいです。

小さな子どもでも飲める味です。

また、牛乳が苦手な方にとっても、コーヒー味がほのかに付いていることで飲みやすいかもしれません。

協同乳業の「ドトール ミルクたっぷりラテ」の総合評価

協同乳業の「ドトール ミルクたっぷりラテ」の総合評価

全体的な感想としては、とても濃厚でコク深い「コーヒー牛乳」という印象です。

それも自宅で牛乳を使用して作ったカフェオレのような、非常に手作り感のある味です。

このドトールシリーズには何種類かありますが、牛乳をこれだけ使用しているものはこの「ミルクたっぷりラテ」だけなので、この「濃厚さ」を味わい方にはおすすめです。