小原の「コアップガラナ」

小原の「コアップガラナ」を紹介します。

疲労回復や滋養強壮に効果があるとされる南米のアマゾン川流域原産の植物「ガラナ」の種子のエキスを使用し、北海道・函館近郊の横津岳連峰の伏流水と北海道産じゃがいもを主原料にした糖分を使用して製造しているのが特徴です。

小原の「コアップガラナ」を徹底レビュー

パッケージカラーはコアップガラナの赤みを帯びた色に合わせて全体的に赤色を使用しているのが特徴です。

「コアップガラナ」という聞き慣れない商品名と、ガラナをイメージした植物のイラスト、そして「北海道限定」「天然伏流水使用」というキャッチフレーズが目を引きます。

ペットボトルは炭酸飲料なので円筒型を採用、そして中央部には僅かに窪みがあり、非常に握り易いデザインかと思います。

カロリーと基本情報

カロリーと基本情報
商品名 コアップガラナ
メーカー名 株式会社 小原
価格 95円
内容量 500ml
カロリー 220kcal

見た目

コアップガラナはカラメル色素を使用して着色しており、一見するとコーラのような色合いにも見えますが、やや黒系の色のコーラに対し、コアップガラナはかなり赤みが強い感じです。

そして色は濃い目ですが気泡や不純物などは無く、透明度が非常に高いのが特徴です。

におい

非常に独特の甘い匂いがします。

ガラナ独特のシナモンやコカ・コーラの成分、あるいは何かの薬のような甘苦い匂い、そしてそれ以外の何とも説明のつかない独特の香りがします。

じゃがいもの糖分を使用することでこのような匂いが付くのかもしれません。

飲んでみると独特のガラナの味が口の中に広がります。

この甘苦い味と香りは人によって好き嫌いが非常に分かれると思います。

そして甘さはそれほど強くはなく、酸味が少し感じられます。炭酸の強さも普通です。

コーラにも似ていますが、コーラに比べると口に感じる甘さは控えめです。

飲み心地

炭酸が入っている上にやや酸味もあり、なおかつ独特の味と香りがあるので飲み心地は「やや刺激的」です。

飲み終わった後も、口の中にガラナ独特の香りが残り続けます。

小原の「コアップガラナ」の総合評価

小原の「コアップガラナ」の総合評価

全体的な感想としては、正直に美味しいかと言われると、決して美味しい味ではありませんが、ガラナ独特の香りと味、そして滋養強壮や疲労回復にも効くという成分、全体的な飲み心地として栄養ドリンクのような感覚で飲むには良いかもしれません。

あまり目にしない商品ですが、見た目からは味のイメージが想像できないので初見の人にとっては手を伸ばしにくい商品かもしれません。

ガラナの味が好きな人にはおすすめの商品です。

ちなみにパッケージには「北海道限定」と書かれてはいますが、北海道以外の地域でもたまに販売されているのを目にします。