有楽製菓の「ブラックサンダーVOLT」

有楽製菓の「ブラックサンダーVOLT」を紹介します。

中にアーモンドの粒が入っていて食感がとても良いのが特徴です。

有楽製菓の「ブラックサンダーVOLT」を徹底レビュー

パッケージは通常のブラックサンダーよりも長めで厚みも増し、「スニッカーズ」のような形のパッケージが特徴です。

全面金色のパッケージが非常に目を引きます。

「脳天ゆさぶる、アーモンド食感」という、ブラックサンダーシリーズ特有のパンチのあるキャッチフレーズが面白いと思います。

そして金色の背景にアーモンドの粒の写真が高級感を演出しています。

カロリーと基本情報

カロリーと基本情報
商品名 ブラックサンダーVOLT
メーカー名 有楽製菓
価格 105円
内容量 44g
カロリー 246kcal

見た目

見た目はまさにスニッカーズのような長さ10センチ、幅2センチ強、そして高さ1.5センチ程あるチョコバーのような形状をしています。

表面は平らではなく、アーモンドの粒が入っていることで、かなりゴツゴツとしていて、手に持った感じは重量感もあります。

におい

パッケージを開けた瞬間に、既にアーモンドの良い香りがします。

通常のブラックサンダー特有のココアビスケットのほろ苦い匂いも感じられますが、全く違うお菓子といっても過言ではない程、良い香りがします。

現在は販売されていませんが、かつて同社から販売されていた「モーニングサンダー」のような匂いにも似ています。

モーニングサンダーはピーナッツとシナモンが入っていたので非常に濃厚で上品な香りが特徴でした。

そのモーニングサンダーよりもさらに高級感のあるチョコレートの匂いです。

味は「超美味しい」です。

普段はあまり「超」という言葉を使わないのですが、このブラックサンダーVOLTを食べた瞬間の感想は超美味しいでした。

基本的にまずアーモンドが非常に美味しいです。

そしていわゆる「アーモンドチョコ」のような甘ったるい感じではなく、半分くらいに割ったアーモンドの粒の多さ、基材となるココアビスケット、表面のチョコレートコーティングの分量が絶妙で、非常に甘さそのものは控えめで食べやすい味です。

味の面で不満な部分はありません。

食感

食感もとても良いです。

アーモンドが予め半分くらいに切断されているので、噛む際に歯に抵抗が無く、それでいてとても小気味良い食感が味わえます。

さらにココアビスケットのほろ苦く軽い食感が表層のチョコレートコーティングの甘ったるさや油っこさを吸収してちょうど良い味と食感に仕上げています。

有楽製菓の「ブラックサンダーVOLT」の総合評価

有楽製菓の「ブラックサンダーVOLT」の総合評価

全体的な感想ですが、非常に美味しいです。

ブラックサンダーというと「所詮は駄菓子の域を出ないのではないか」という先入観がありましたが、このブラックサンダーVOLTは全くの別物です。

味と食感の項でも述べましたが、「脳天ゆさぶる、アーモンドの食感」というのは、食べた人に思わず唸るような衝撃を与えるという意味合いが込められているように思えます。

そうした衝撃度もありますが、食べてみた感想としては価格以上の美味しさがあると思いました。