サンガリアの「たのしいピーチ」

サンガリアの「たのしいピーチ」を紹介します。

10%もも果汁とDHA含有精製魚油入りの飲料です。

サンガリアの「たのしいピーチ」を徹底レビュー

パッケージは細く短いタイプのアルミ缶で、ピーチをイメージして缶全体がピンク色に塗装されています。

正面には桃の果実のイラストと、「たのしいピーチ」という少し謎に満ちた商品名が書かれているのが目立ちます。

「おいしい」ではなく、「たのしい」という表現に何か意味があるのかもしれません。

よく見ると商品名が書かれている丸い枠の縁には緑色で彩られ、「たのしい」という文字は赤色、「ピーチ」という文字は濃い青色で書かれています。

また「Happy Fruit Drink」という英単語も羅列されており、全体的に良い意味で「B級」的な雰囲気が演出されているのが印象的です。

「はてしなく自然飲料を追求するサンガリア」というセリフも面白いと思います。

また、缶の後ろ側 には「窒素ガスが封入されているので、開ける前に振らないで下さい」という注意書きが書かれています。

カロリーと基本情報

カロリーと基本情報
商品名 たのしいピーチ
メーカー名 サンガリア
価格 39円
内容量 190g
カロリー 87.4kcal

見た目

色は僅かにピンク色を帯びたほぼ透明の液体で、若干濁っているのが特徴です。

グラスに注いでみると、非常に細かい果肉の破片と思われる微粒子が液体中に浮遊しているのが確認できます。

この浮遊物がある為に白く濁っているものと思われます。

におい

匂いは一応、桃の香りはしますが、果実の桃本来の香りというよりは、やや人工的な「桃の香料」のような香りが強めです。

市販の桃ゼリーとか、過去に販売されていたサントリーの「桃の天然水」の匂いに非常によく似ています。

人工的な感じはしますが、いやな匂いではなく、甘くて美味しそうな匂いです。

飲み始めはとても甘くて桃の香料も口の中いっぱいに広がるのでとても美味しく感じるのですが、喉の奥に飲み込むと同時に、口の中には「水っぽさ」と若干の「渋み」が残る感じがします。

全体的には桃としての味はやや希薄で、桃の若干の甘みと香料、そして酸味が付いた「甘い水」という感じです。

使用している香料に若干のクセがあり、桃というよりアセロラのような香りがします。

飲み心地

飲み心地は口に入れた時は非常に滑らかで、豊潤な味わいが広がるのですが、後味の「水っぽさ」と「渋み」がやや気になります。

特に水っぽさが顕著で、飲み終わった後もしばらく渋みのような違和感が口の中から喉の奥にかけて残留します。

サンガリアの「たのしいピーチ」の総合評価

サンガリアの「たのしいピーチ」の総合評価

全体的な感想ですが、一言で言うと「桃の味が付いた甘い水」です。

しかし人工甘味料などは一切使用しておらず、「はてしなく自然飲料を追求する」という同社の方針通りの素朴な味わいのジュースといえます。

果汁の配合率の関係上、若干の水っぽさはありますが、一応は天然の桃果汁を10%使用しており、さらに追加糖分として加糖ぶどう糖液糖を使用しているので、甘みの質としては非常にまろやかで美味しいと思います。