明和の「彩緑美茶」

株式会社明和の「彩緑美茶」を紹介します。

ハト麦、玄米、大麦、緑茶、ほうじ茶、どくだみ、ハブ茶、プーアル茶、柿の葉、びわの葉、クコの葉の11種類をブレンドしている健康茶です。

明和の「彩緑美茶」を徹底レビュー

パッケージを見ると、一瞬、日本コカ・コーラ社の「爽健美茶」によく似たネーミングですが、よく見ると「彩緑美茶」と書かれています。

一瞬見ただけでは見間違えてしまいそうなくらい雰囲気が似ています。

缶は太めのサイズのアルミ缶を採用しており、表面は薄い黄緑色で塗装されています。

全面に細い線で雲もしくは波のような模様が描かれ、全体的に古風な雰囲気が醸成されています。

缶の上半分が薄い黄緑色、下半分が濃い黄緑色というグラデーションが、透明なグラスに注いだお茶の上の部分と下の部分に現れる濃淡のようなイメージにも見えます。

原材料欄を見ると「ビタミンC」が添加されているようです。

この商品の販売者は株式会社明和ですが、製造者は栃木県のアシードブリュー株式会社です。

カロリーと基本情報

カロリーと基本情報
商品名 彩緑美茶
メーカー名 株式会社明和
価格 29円
内容量 340g
カロリー 3.4kcal

見た目

色は非常に綺麗な黄緑色をしています。

様々な種類の茶葉などが混ざっている為か、若干薄く濁っているような印象があります。

しかし沈殿物や粉末のようなものはありません。

缶を開ける前に振らなくても良さそうです。

におい

グラスに注ぐと麦の香りが強く立ち込めます。

香ばしい麦特有の香り、そして独特の香りを放つ薬草のような香りが混じっています。

緑茶成分由来の香りは殆ど感じられません。

思ったよりはまろやかな香りです。

飲んでみると一瞬玄米茶のような味にも感じます。

ややクセのある味が特徴ですが、割とまろやかで爽やかな味です。

口に含むと、玄米茶のようなコクとほのかな甘みが広がり、どくだみやびわの葉のような独特の香りがほのかに感じられ、最後に麦特有の苦みと渋みが口全体に残る感じです。

常温で飲むと柔らかい感じの味が楽しめますが、氷を入れたグラスに注いで飲むと清涼感が増して非常にスッキリとした味が楽しめます。

飲み心地

飲み始めはまろやかで甘みが感じられ、後味に感じる苦みや渋みに関しても、一般的な緑茶よりも軽めで、むしろ飲みやすいお茶です。

烏龍茶の様にサッパリとした飲み心地なので食後に飲む飲み物としても良いと思います。

明和の「彩緑美茶」の総合評価

明和の「彩緑美茶」の総合評価

全体的な感想ですが、爽健美茶と同じような感じの「薬用茶」もしくは健康茶という感じのお茶です。

どくだみの葉などが含まれている為に独特の香りはありますが、非常にまろやかでスッキリとした飲みやすいお茶です。

味と品質の良さの割には価格が29円と非常にルーズなブルな点も高評価です。