伊藤園の「ぎっしり15種類の旬野菜」

伊藤園の「ぎっしり15種類の旬野菜」を紹介します。

トマトミックスジュースに14種類の野菜汁を加えた砂糖・食塩不使用の野菜ジュースです。

伊藤園の「ぎっしり15種類の旬野菜」を徹底レビュー

パッケージは一般的な900mlサイズの角型ペットボトルを使用しており、黄色いフィルムが巻かれています。

トマトジュースをメインに配合した商品だけに、トマトを中心ににんじん、セロリ、小松菜、モロヘイヤ、レタス、パセリ、クレソン、芽キャベツ、ごぼう、グリーンピース、キャベツ、ラディッシュ、ほうれん草、三つ葉の15種類の野菜のイラストが描かれています。

これらの野菜を旬の美味しい時期に収穫・搾汁しているのが特徴です。

黄色いフィルムは太陽の光が燦々と射している光景の様子にも見えます。

カロリーと基本情報

カロリーと基本情報
商品名 ぎっしり15種類の旬野菜
メーカー名 伊藤園
価格 150円
内容量 900g
カロリー 175kcal

見た目

トマトジュースをメインに配合しているだけに、見た目は赤みを帯びた茶色のトマトケチャップのような色の液体です。

液質はドロドロとしていてトマトの中身のような粒度の粗い果肉の塊がたくさん入っているのが分かります。

ペットボトルの底の方に野菜成分が沈殿しているので、飲む前に振って撹拌する必要があります。

におい

若干酸っぱい匂いが強めです。

トマトジュースのような酸味の強い匂い、モロヘイヤや小松菜などの若干青臭い葉物野菜特有の「青汁」のような匂い、そしてパセリやセロリなどの若干スパイシーな香りが混ざっています。

味は酸味が強めです。

殆どトマトジュースです。

トマトおよびレモン果汁の酸っぱい味、モロヘイヤや小松菜などの苦み、そして原材料にも書かれている「香辛料」が加えられていることで、若干舌がピリピリするような辛さを感じます。

全体的に甘さは殆ど無く、酸味と塩分、辛味を中心に感じます。

ジュースというよりほぼスープといった感じの味です。

飲み心地

液質が非常にドロドロとしていて、非常にボリュームのある飲み心地です。

口当たりそのものは滑らかなのですが、酸味がやや強めで、なおかつ香辛料でスパイシーな味に調整されているので、舌や口の中がピリピリする感触が気になります。

また塩分は無添加ですが、レモン果汁が加えられているので、塩気のような味覚も感じられます。

伊藤園の「ぎっしり15種類の旬野菜」の総合評価

伊藤園の「ぎっしり15種類の旬野菜」の総合評価

伊藤園の野菜ジュースの中では最も価格が安かったので購入して飲んでみたのですが、やはり他の伊藤園の野菜ジュースと比較すると、味の面でも価格相応の差があります。

トマトをメインに配合して製造しているので野菜ジュースというより、トマトジュースに近い味です。

その分、カロリーは低めですが、一般的な飲みやすく味を調整してあるタイプの野菜ジュースではなく、やや酸味が強くてスパイシーな味です。

どちらかというとジュースというより、ミネストローネのような「野菜スープ料理」のような味に近い味わいです。