アシードブリューの「グレープソーダ」

アシードブリューの「グレープソーダ」を紹介します。

商品名の通り、グレープ味の炭酸飲料です。

無果汁で、着色料を使用し、砂糖不使用、人工甘味料を使用することでカロリーが極めて低いのが特徴です。

アシードブリューの「グレープソーダ」を徹底レビュー

パッケージは350mlサイズの太めのアルミ缶を使用しており、アルミニウムの素地がそのまま生かされた光沢感のある感のデザインになっています。

正面にはグレープ味をイメージした紫色の塗装が施され、炭酸飲料らしく炭酸の気泡をイメージした水玉模様や丸い絵柄が描かれています。

缶を手に持った感じとしては非常に薄いアルミニウムで出来ているせいか、指で持っただけでも缶の側面がへこんでしまう程薄く出来ています。

使用している人工甘味料は「アセスルファムK、スクラロース」、着色料は「赤2、黄5、青1」です。

また人工甘味料を用いていることでカロリーが極めて低く、1缶350mlで7kcalしかありません。

カロリーと基本情報

カロリーと基本情報
商品名 グレープソーダ
メーカー名 アシードブリュー株式会社
価格 29円
内容量 350ml
カロリー 7kcal

見た目

色はかなり濃い赤紫色をしています。

グラスに注ぐと泡立つ炭酸の気泡までも濃い目の赤紫色で、非常に綺麗なことは綺麗なのですが非常に人工的な色合いに感じます。

不純物などは浮遊していないのですが、色が非常に濃く、光を後ろから当てないと奥のものが見えない程濃い感じです。

におい

匂いに関しても、グラスに注いだ直後は「グレープ風味の香料」の香りが感じられます。

グレープ味のガムやキャンディーのような人工的な香りです。

一瞬、「ファンタグレープ」のような香りにも感じられますが、すぐにこのグレープ香料の香りは弱まってしまい、人工的な香料か何かの匂いに変わってしまいます。

アシードブリュー社の「コーラ」や「オレンジソーダ」に比べると、かなり飲みやすい味には仕上がっています。

人工甘味料の苦みや独特の香りが強いですが、飲み始めはかなり甘みを感じます。

飲み心地

炭酸の強さも普通です。

やはり香料がグレープ風味なので、比較的本物のグレープの香りに似せ易いのだと思われます。

ちなみに同社のオレンジソーダに関しては、かなり苦みが強くて、ほとんどオレンジの味も香りも感じられませんでした。

アシードブリューの「グレープソーダ」の総合評価

アシードブリューの「グレープソーダ」の総合評価

炭酸飲料なので、爽快感自体はあります。

しかし人工甘味料がかなり強く、後味に不自然な苦みが感じられます。

氷を入れたグラスに注いで飲むと、この違和感は少し緩和できますが、人工甘味料の味のクセだけは拭えません。

個人的には同社の炭酸飲料シリーズの中では一番飲みやすい味だと思います。

しかし人工甘味料が使用されているので、不自然な苦みの違和感は拭い切れません。

もう少しカロリーが増えたとしても、果糖や砂糖を加えて、人工甘味料を抑えめにした方が飲みやすくなると思います。

グレープ香料の香りについてはよく再現されていると思います。