サントリーの「特茶」

サントリーの「特茶」を紹介します。

サントリーの特茶はこの数年でますます増えている特定保健用食品です。

サントリーの「特茶」を徹底レビュー

1リットルのボトルのパッケージには『500ml』の計量の目安となるラインがプリントされています。

これまでの特定保健用食品のドリンクにありがちな苦くて濃い緑茶!というイメージからは程遠く。

この製品は伊右衛門ブランドで知られるサントリーならではの美味しいお茶そのものに機能が付加されている感じで、飽きることなく、美味しく飲み続けられることが人気のポイントとなっています。

通年で人気なのは伊右衛門ならではの緑茶のタイプ、また後味もスッキリした、爽やかな香りが嬉しいジャスミンですが。

やはり夏になると麦茶系が恋しくなるものです。

この大麦ブレンド茶は10素材のブレンドとされており、大麦、はと麦、玄米、大豆(黒豆)、ハブ茶、柿の葉といったラインナップに加えて、風味を増すためか、昆布エキス、椎茸、白米なども含まれているようです。

ことに焙煎する過程に工夫があるとのことで、雑味を取り除き、大麦の香りを最大限に引き出しているのだそうです。

カロリーと基本情報

カロリーと基本情報
商品名 特茶カフェインゼロ 大麦ブレンド茶
メーカー名 サントリー食品インターナショナル株式会社
価格 365円
内容量 1リットル
カロリー 0キロカロリー

飲んでみると、一般的な麦茶に比べて様々な素材の味が見事に溶け合っていて、渋みや苦みも抑えられた品のある優しい味に仕上がっていると感じました。

におい

香りもまろやかで、和洋の料理との相性も良く、飲みやすいものとなっています。

サントリーの「特茶」の総合評価

特筆すべきはこの大麦ブレンド茶はカフェインゼロなのです。

就寝前にカフェインを気にされる方や、妊婦さん、授乳中のお母さんなどには安心して飲めるお茶ですね。

こうしたトクホは継続して摂取できることが効果を発揮する鍵となるので、そういう意味では『麦茶が飲みたくなる夏』を前にしてとてもありがたい製品です。

身体の中の脂肪分解酵素を活性化させる『ケルセチン配糖体』を取り込むことで身体の中にため込んだ体脂肪を減らす作用を促しています。

ケルセチン配糖体とは玉ねぎなどの野菜や果物に含まれる優良なポリフェノールであり、この一本には玉ねぎ三個分に相当する量が含まれています。

これらが、体内に蓄積してしまった脂肪を分解し、燃焼を促すというコンセプトはテレビコマーシャルでおなじみとなりました。

年齢や生活習慣によって貯まりがちな体脂肪が気になる層にお勧め、とされており、食生活の改善、運動、さらにそこからの一押し!というアイテムとして人気になっています。

飲んだらすぐに痩せるという即効性はありませんが、これから先の生活習慣に取り込むことによって、徐々に身体が変わっていくのです。

一日350~500mlを目安に、喉が渇いた時や食事と一緒に摂取していきましょう。