キッコーマンの「特濃調整豆乳」

キッコーマンの「特濃調整豆乳」を紹介します。

日本人間ドック検診協会推薦、特定保健用食品に指定された豆乳飲料です。

通常の豆乳の大豆固形分が7%であるのに対し、この特濃豆乳は8%になっているのが特徴です。

キッコーマンの「特濃調整豆乳」を徹底レビュー

パッケージの色は豆乳飲料らしく、大豆をイメージした鮮やかな黄緑色をしているのが特徴です。

一般的な縦長サイズの牛乳パックのような容器が使用されており、背面に伸縮式ストローが付属しています。

前面に書かれた「特濃」という大きな文字が非常に目を引きます。

パッケージには緑色の木と鳥、太陽の絵が描かれており、自然志向の飲料であることをイメージしているものと思われます。

「コレステロールが気になる方へ」や「特定保健用食品」という表示が健康面を少し気にされている方にとっては購入の決め手になるかもしれません。

栄養成分表を見ると「カリウム、ビタミンD、カルシウム、マグネシウム、大豆たんぱく質」が豊富に含まれていることが分かります。

さらに大豆ならではの「レシチ ン、大豆イソフラボン」などの女性に嬉しい美容に効果的な成分が含まれているのが特徴です。

また一日の摂取目安量は1本(200ml)であるということが書かれています。

カロリーと基本情報

カロリーと基本情報
商品名 特濃調整豆乳
メーカー名 キッコーマン
価格 66円
内容量 200ml
カロリー 109kcal

見た目

見た目はかなり濃い牛乳、または撹拌する前の液状の生クリームのような液体で、色は白っぽいですが、ほんのりと淡い緑色が付いています。 

におい

匂いは独特の青臭い豆のような香りがします。

そして牛乳のような濃厚なミルクのような香り、原材料に砂糖が含まれている為か、僅かに甘い蜜のような匂いも混ざっています。

この豆乳独特の匂いが苦手な人もいるかもしれませんが、豆乳好きな方にとっては堪らない匂いです。

通常の豆乳よりも格段に濃厚な味です。

非常にクリーミーで生クリームのような味がしますが、原材料に牛乳などの動物性油脂は使っておらず、全て大豆から抽出された植物油脂由来の成分を使用してこの濃厚な味を作り出しています。

甘みはごく僅かで砂糖っぽい甘さは全くありません。

大豆本来の仄かな甘みが味わえます。

後味に非常に僅かですが塩分も感じることが出来ます。

飲み心地

非常にクリーミーな飲み心地です。

飲み始めはかなりまろやかで脂っこい感じがしますが、若干の「水っぽさ」と「やや強めの渋み」があり、後味は非常にサッパリとしていて飲み終わると口の中にはあまり残らない感じです。

あまり飲み過ぎるとお腹が緩くなることがあるので一日の摂取目安量(200ml)を守った方が良さそうです。

キッコーマンの「特濃調整豆乳」の総合評価

キッコーマンの「特濃調整豆乳」の総合評価

全体的な感想ですが、濃い味が好きな方にはおすすめです。

「調整豆乳」ということでかなり飲みやすい味に仕上がってはいますが、かなり濃厚な上に味に若干のクセがあります。

苦手な方向けには飲みやすいようにコーヒー味やココア味などに加工された豆乳もあるのでそちらをおすすめします。