ヤクルトの「ミルミル」

今回はヤクルトの「ミルミル」をご紹介します。

ミルミルは優しい甘さが特徴のビフィズス菌BY株が入った飲み物です。

ヤクルトの「ミルミル」を徹底レビュー

パッケージは、シンプルなデザインで体に優しい印象を受けます。

赤と緑の丸が書かれておりレトロな印象を受け、つい手に取りたくなるかわいい見た目です。

カロリーと基本情報

カロリーと基本情報
商品名 ミルミル
メーカー名 Yakult
価格 108円
内容量 100ml
カロリー 88kcal

見た目

普段なかなか、パックから飲み物を出して飲むことはないのですが、とても薄いピンクやオレンジのような色しておりほかの乳酸菌飲料と比べても優しい印象を受けます。

におい

匂いもやわらかく、決して主張の強くないほのかに甘さを感じられる匂いです。

味は、優しく、とても飲みやすい印象で、毎日苦なく続けることができます。

牛乳より主張がつよくなく、飲むヨーグルトと比べて酸味が弱いようなそんな味です。母乳に近い味といわれているそうで、どこか安心する味にも感じます。

よく乳酸菌の飲み物はツンとしたした匂いがあり、甘さがキツイなんてことがありますが、ミルミルにはどちらもあてはまりません。

飲み心地

飲み心地はさらっとしていて、甘さがのどにまとわりつきイガイガするなんてこともなく、飲みやすく感じます。

ヤクルトの「ミルミル」の総合評価

ヤクルトの「ミルミル」の総合評価

大腸にいいビフィズス菌が入っており、腸内環境を整えることが健康につながるといわれる現代でこそ多くの人におすすめできる飲み物だと思います。

実際に妊婦さんも飲むことが出来る飲み物であること、量が多すぎないことから毎日続けやすい飲み物のように感じます。

ただ、一本100円であること、スーパー等においてもなかなか値引きされないことからも、家族で続けるには値段が高いのかなと思うこともありました。

私自身、大腸が悪く改善のために3か月ほど継続して飲用していますが、ミルミルを飲み始めてから毎日快便です。

月に1度は風邪をひいていましたが、飲み始めてからは風邪をひくことも減り、最近では寝起きもよくなり、会社でも同僚に顔がスッキリしたと言われることが増えました。

毎月かかっていた病院代を考えると結果的においしく安上がりな方法のように思います。毎日100円で買える健康はとってもお得に感じます。

今まで試してきた健康法に青汁や甘酒などがありますが、すべての中で一番安上がりで続けやすく、何よりおいしい点で気に入っており、家に帰ってきてからミルミルを飲む時間がひ
そかな楽しみになっています。

会社でも同僚に勧めていたせいかミルミル人口が徐々に増えてきましたが、みな口を揃えて、おなかの調子がよくなったと言っています。

おいしく健康に効果のあるミルミルをこれからも飲みたいし、人に進めていきたいと思います。