松屋製菓の「生沖縄黒飴」

松屋製菓の「生沖縄黒飴」を紹介します。

まろやかな直火焚きの黒飴と生の黒糖を使用した飴です。

松屋製菓の「生沖縄黒飴」を徹底レビュー

パッケージに書かれている「生」の文字が大きく目立ちます。

黒飴の断面図が印刷されており、黒い表面の飴の部分が金色に輝いていて、さらに中心部に入っている黒糖と黒糖のイメージ写真が本格的な黒飴であることを予感させます。

パッケージフィルムの半分は透明になっているので中身の飴の小袋が見えますが、小袋は真っ黒なので中身の実物を確認することはできません。

シーサーやハイビスカスまたはデイゴと思われる花の絵柄が沖縄らしい雰囲気を演出しています。

「第24回全国菓子大博覧会2002名誉総裁賞受賞」のマークもプリントされています。全体的に沖縄感が溢れる飴ですが、製造者は三重県伊勢市の松屋製菓になります。

カロリーと基本情報

カロリーと基本情報
商品名 生沖縄黒飴
メーカー名 松屋製菓
価格 149円
内容量 130g
カロリー 503kcal

見た目

見た目はいわゆる黒飴にありがちな真っ黒な色ではなく、褐色を帯びた金色をしています。

黒糖成分を練り込んだ水飴をよく練り上げて、飴細工のように気泡を多く含ませて伸ばした後に機械で丸く成形しているものと思われます。

形状は直径2センチ弱の丸い錠剤型をしていて、ちょうど一口で口に入るサイズだと思います。飴の表面には角張った部分や鋭利な部分もありません。

におい

外装の袋を開けた瞬間に黒糖の香りが広がります。

飴が一つずつ入った個包装の小袋は完全に密封されているのにも関わらず、黒糖の香りが充満する程ですので、かなり黒糖の香りが強いものと思われます。

食べてみると思ったよりも初めの内はそれほど甘みを感じません。しかし段々と甘みが増してきます。

グラニュー糖の透き通った甘さ、そして黒糖独特のコクのある奥深い甘みが口の中に柔らかく広がります。

僅かに焦がしたような香ばしさと、ごく僅かな苦みも感じます。そして中心部は固形状の黒糖がそのまま入っていて、とても甘くておいしいです。

塊の黒糖そのものを食べているような感覚になります。食べ終わった後もこの黒糖の甘みがしばらく口の中に残留し続けます。

食感

飴の部分の食感はとても滑らかです。中心部の黒糖部分の口溶けも滑らかです。黒糖の甘みはやや強めですが、酸味もなく、特に舌や口腔内に刺激もなく食べやすい飴だと思います。

また外側の飴の部分が比較的薄く、食べているとすぐに溶けて中心部の黒糖が露出するのが特徴です。

松屋製菓の「生沖縄黒飴」の総合評価

松屋製菓の「生沖縄黒飴」の総合評価

全体的な感想ですが、とても美味しいです。価格帯が少し高いだけあって黒糖部分の味は本格的です。

飴を食べている感覚と黒糖の塊を食べている感覚の中間のような食感を楽しめます。