不二家の「ポップキャンディ」

不二家の「ポップキャンディ」を紹介します。

安全な紙製スティックを使用した手に持って食べるタイプのキャンディで、グレープ、オレンジ、ストロベリー、ソーダ味の4種類が入っています。

歯に優しい緑茶ポリフェノールを使用しているのが特徴です。

不二家の「ポップキャンディ」を徹底レビュー

パッケージ表面には不二家のキャラクター「ペコちゃん」が大きく写っています。黄色と赤色の字で大きく「ポップ」と書かれているのが目立ちます。

パッケージの下半分は透明部分になっているので中に入っているキャンディを確認することが出来ます。

裏側にはパッケージの開け方、食べ方、そして食べる際の注意点などがカラフルな文字とイラストを用いて説明しています。

説明文に使用されている文章の漢字には振り仮名は付けられていませんが、イラストを併用しているので小さな子どもでも見て判読できると思われます。

カロリーと基本情報

カロリーと基本情報
商品名 ポップキャンディ
メーカー名 不二家
価格 170円
内容量 121.8kcal
カロリー 483kcal

見た目

キャンディの形状は直径3.5センチ程の楕円形で、長さ7.5センチの紙製の芯が付いています。

またキャンディの表面には「グー、チョキ、パー、ハート」の模様が描かれています。色はそれぞれとてもカラフルで、飴を包装しているフィルムに味の種類が書かれています。

におい

外装袋を開けた瞬間にフルーティな香りが広がります。

原材料欄を見ると香料も使用されていますが、グレープ、ストロベリー、オレンジ、それぞれの種類の果実のペーストを使用しているのでとても良い香りです。

それらがミックスされて非常に濃厚でフルーティな香りを生み出しています。

とても美味しいです。本物の果実のペーストを使用しているだけに、人工的な甘さではなく果実独特のフルーティな甘さ、そして甘酸っぱさも感じられます。

またキャンディの表面積が広いので、舌に触れる部分が広いのでその甘さをより一層感じます。

大人の感覚では紙製のスティックは少し邪魔に感じるかもしれませんが、小さな子どもの誤飲防止の為に設計されたものと思われるので、これは我慢するしかなさそうです。

食感

キャンディ部分の食べ心地はとても滑らかです。甘みがかなり強めで酸味が殆ど無く、とても上品な味わいです。

ただし、口の中に入れていると紙製のスティックが唇に当たるので少し邪魔に感じることがあります。

また、キャンディの形状が楕円形でなおかつ「薄い」ので、食べている最中にキャンディが口の中で割れた場合、割れた部分が非常に鋭利になることがあるので、特に小さな子どもはかなり気を付ける必要がありそうです。

不二家の「ポップキャンディ」の総合評価

不二家の「ポップキャンディ」の総合評価

全体的な感想ですが、キャンディとしては味はとても美味しいです。

スティック付きのデザインも可愛らしく、全体的に子ども向けのキャンディだと思います。

気になった点は口の中でキャンディが割れると、鋭利な部分や尖った部分が出来る点です。

大人は経験上学習しているので問題はないのですが、小さな子どもが強く噛んでしまった場合に口腔内を傷付けてしまう危険性があると感じました。