きかんしゃトーマス チューイングキャンディ(グレープ味)

今回はロッテの「きかんしゃトーマス チューイングキャンディ(グレープ味)」を紹介します。

ロッテの「きかんしゃトーマス チューイングキャンディ(グレープ味)」を紹介します。板状のガムのような形状が特徴のグレープ味のキャンディーです。

ロッテの「きかんしゃトーマス チューイングキャンディ(グレープ味)」を徹底レビュー

一見すると板状のチューインガムのようなパッケージですが、よく見ると「キャンディ」と書かれています。

商品名よりも「きかんしゃトーマス」の写真が目立つように大きく印刷されており、小さな子どもの目を引きやすい工夫がされているように感じられます。

中に入っているキャンディーの包装紙を折って組み立てると小さな機関車を作ることができるようになっています。

さらに機関車を走らせる為の線路が描かれた紙も入っており、このキャンディーの包装紙だけで一通り遊べるように作られているのが特徴です。

また5枚の包装紙の内、1枚はシールになっています。

原材料などは大人が読むことを想定して感じが多用されていますが、商品名および包装紙で機関車を作る組み立て方の説明はカタカナと 平仮名で書かれています。

小さな子どもでも自分で読んで作ることが可能です。

ちなみに開封してみると「ジェームス(機関車)」が1枚、「線路」が2枚、「クイズ」が1枚、「ゴードンのシール」が1枚入っていました。

カロリーと基本情報

カロリーと基本情報
商品名 きかんしゃトーマス チューイングキャンディ(グレープ味)
メーカー名 ロッテ
価格 50円
内容量 18.1g
カロリー 85kcal

見た目

見た目は板状のチューインガムのようですが、厚みが2ミリ近くあり、やや硬いのが特徴です。

色はグレープ味ということで薄い紫色、そしてキャンディーの表面には菱形の模様が全面に型押しされています。

におい

無果汁ですが、香料によってグレープらしい香りが付けられています。いわゆるグレープ味のガムや飴のような香りです。

甘酸っぱい普通のグレープ味のキャンディーです。味付けはやや甘く、脱脂粉乳を用いていることでややミルキーで濃厚な味わいも感じられます。

そして後味には程よい酸味があります。

食感

食べてみると不思議な食感です。ガムのように食べようとすると、食べ始めの食感がかなり硬いので驚くかもしれません。

板状のソフトキャンディーですが、厚みがある上にかなり粘度が高いので噛みちぎるにはかなり顎の力が必要です。

歯の弱い小さな子どもは気を付ける必要がありそうです。ただし食べ始めて口の中で溶け始めるとすぐに柔らかくなります。

ロッテの「きかんしゃトーマス チューイングキャンディ(グレープ味)」の総合評価

ロッテの「きかんしゃトーマス チューイングキャンディ(グレープ味)」の総合評価

全体的な感想ですが、50円という価格帯のソフトキャンディーとしては妥当な味だと思います。

ガムと違って口から出して捨てる必要が無いので、子どもにとっては食べやすいかもしれません。

また中に入っているキャンディーの包装紙を組み立てて線路と機関車を組み立てて走らせるというアイデアはとても良いと思います。