キッコーマン飲料の「豆乳飲料(バナナ)」

キッコーマン飲料の「豆乳飲料(バナナ)」を紹介します。契約栽培丸大豆で作ったまろやかな豆乳に香り豊かなバナナピューレを加えた豆乳飲料です。

キッコーマン飲料の「豆乳飲料(バナナ)」を徹底レビュー

パッケージはバナナ(の皮)をイメージした黄色いカラーが使用されているのが特徴です。

今回購入した商品は「商品券などが当たるキャンペーン」の広告がパッケージ正面に印刷されています。

それで見えなくなっているのですが、本来はパッケージ正面の下端にはバナナの果実のイラストと共に「朝やおやつにおすすめのバナナの香り豊かな豆乳飲料です」という説明が表示されています。

パッケージカラーが黄色、そしても文字色や枠の色は黒を使用しておりコントラストがハッキリとしていてとても見易いパッケージだと思います。

裏面にはキャンペーンの応募方法などが記載されています。栄養成分は「カルシウム、マグネシウム、レシチン、大豆サポニン、イソフラボン」が豊富に含まれており、なおかつ コレステロールはゼロです。

カロリーと基本情報

カロリーと基本情報
商品名 豆乳飲料(バナナ)
メーカー名 キッコーマン飲料株式会社
価格 73円
内容量 200ml
カロリー 135kcal

見た目

いわゆる「フルーツ牛乳」またはプリンのような、淡い黄色を帯びた牛乳のような質感です。

ちょうど豆乳にバナナをミキサーしたものを加えたような感覚の色合いです。

液質は濃厚ですが、バナナの果肉などの大きな塊や繊維などのようなものは全く見られず、サラサラとした質感です。

におい

バナナプリンやミルクセーキのような甘くて濃厚な香りがします。新鮮なバナナ特有の甘酸っぱい香りではなく、バナナを加工した洋菓子のような非常に上品な香りです。

飲んでみると、初めはバナナの味がしますが、すぐに豆乳の味に切り替わります。そして豆乳飲料としての成分はやや薄めで、全体的に「水っぽい」印象があります。

いわゆるバナナをミキサーにかけて牛乳と混ぜ合せたような濃厚なドリンクではなく、バナナテイストの乳飲料という感じです。

見た感じはかなり濃厚そうな外見だけに、飲んだ時のギャップがあります。

原材料欄を見ると、増粘剤あるいはコク増しの為に「コメ油」が使用されているようですが、このコメ油のサラっとした質感が水っぽさに感じてしまうのかもしれません。

全体的に甘みは控えめです。

飲み心地

飲み心地は豆乳飲料としてはサラサラとしていてスッキリとした飲み心地です。ただし、後味に豆乳独特の粉っぽい舌触りがあります。

キッコーマン飲料の「豆乳飲料(バナナ)」の総合評価

キッコーマン飲料の「豆乳飲料(バナナ)」の総合評価

全体的な感想ですが、もっと濃厚なバナナ牛乳のような味と飲み心地を予想していましたが、実際はかなり水っぽくてサラっとした味に仕上がっています。

しかし豆乳を使用していることで、それなりにコクのある味わいでありながらコレステロールゼロという点が健康面を気にする方には嬉しいかもしれません。