ベイシアの「日本の果樹園から 和歌山県産南高梅&高野山麓天然水」

ベイシアの「日本の果樹園から 和歌山県産南高梅&高野山麓天然水」を紹介します。

和歌山県産の南高梅果汁を1%使用した酸味と程よい甘みの天然水飲料です。

ベイシアの「日本の果樹園から 和歌山県産南高梅&高野山麓天然水」を徹底レビュー

パッケージは角型ペットボトルを採用しており、ミネラルウォーターのような真っ白なフィルムで包装されています。

一見しただけでは普通のミネラルウォーターに見えますが、よく見ると中央部分に淡い梅の果実の写真が印刷されており、果汁入りの天然水だということが分かります。

パッケージデザインは全体的に白を基調としていながらも、下端には梅の果実の色合いをイメージした淡い黄緑色でほんのりと着色されていて全体的に清涼感のあるデザインになっています。

同社の「日本の果樹園から」シリーズの天然水飲料は基本的にカロリーオフになっていますが、この「和歌山県産南高梅&高野山麓天然水」だけは100ml当たり38kcalと、一般的な清涼飲料水並のカロリーになっているようです。

パッケージの背面には湧水のイメージ写真と紀伊山地と梅の木の写真が印刷されていています。

カロリーと基本情報

カロリーと基本情報
商品名 和歌山県産南高梅&高野山麓天然水
メーカー名 株式会社ライフドリンクカンパニー
価格 62円
内容量 500ml
カロリー 190kcal

見た目

見た目は一見すると普通の透明な水のようにも見えます。

他の「日本の果樹園から」シリーズの商品と比べると、糖分やカロリーが格段に高い為か、僅かに透明度が低く、明らかに砂糖のようなものが溶け込んでいるような質感の液体に見えます。

果汁は1%である為、液中に梅の果肉や繊維などの不純物は全く見られません。

におい

非常に透き通った梅の良い香りがします。梅風味の香料のような人工的な香りではなく、本物の梅の果肉の青々とした甘酸っぱい香りです。

ベースに用いている水が天然水なので一段とスッキリとした曇りが無い香りになっています。かなり心地良い香りです。

口に含んだ瞬間にやや強めの酸味が広がります。そして梅の香りが口の中に広がり、口全体が梅の酸味と香りで充満し終わった後、飲み込む頃に優しい甘みが口の中に広がる感じです。

少し気になったのはグラスに注いだ状態に鼻を近付けて確認した時は本物の梅のような香りがしたのですが、実際に飲んでみると口に入れた瞬間に「梅の香料」のようなやや人工的な香りが感じられました。

使用している果汁が僅か1%なので、梅の香り成分を香料で補っているようです。

同社の他のシリーズと異なり糖分をかなり添加しているのであれば、もう少し梅果汁を追加して人工的な梅の香りの要素を排した方が、さらに美味しくなると思います。

同社の「日本の果樹園から」シリーズの他の商品と比べると、甘みが強めでカロリーが高いので、天然水飲料というよりも、普通の果汁入り清涼飲料水に近い感覚です。

梅の成分に関しては1%にしてはかなり濃厚に感じられます。

飲み心地

しかし、天然水を使用しているので舌触りや喉越しは非常にスッキリとしているのが特徴です。

ベイシアの「日本の果樹園から 和歌山県産南高梅&高野山麓天然水」の総合評価

ベイシアの「日本の果樹園から 和歌山県産南高梅&高野山麓天然水」の総合評価

全体的な感想ですが、普通の梅果汁入り清涼飲料水として考えると、内容量の割に価格も安く、その上に天然水を使用しているのでかなり上質で清涼感のある飲み心地に仕上がっています。

ただカロリーや糖分を気にされる方は気を付けた方が良いと思います。