サントリーの「天然水 プレミアムモーニングティー(白桃)」

サントリーの「天然水 プレミアムモーニングティー(白桃)」を紹介します。

熊本県上益城郡嘉島町で採取した天然水を使用し、香り豊かな紅茶と甘い白桃の果汁を加えた天然水飲料です。

サントリーの「天然水 プレミアムモーニングティー(白桃)」を徹底レビュー

パッケージはとてもお洒落なデザインです。540ml入りと少し大柄なサイズのペットボトルは手に持つと少し太めです。

ペットボトルの首の部分が宝石や氷を非対称にカットしたようなデザインになっており、手に持つ部分も非対称な「絞り」のようなデザインが施されています。

この形状はサントリーの天然水の透明度の高さをよりアピールするために、中身の水を乱反射させる目的があるものと思われます。

中央部分には天然水飲料系らしい簡素な白系のフィルムが包装されています。

サントリーの天然水のトレードマークである雪山のイラストと、氷の入ったグラスに紅茶とミントの葉が添えられ、その下には白桃の果実の写真が印刷されています。

そしてキャップは黒色でデザイン的に引き締ま っており、全体的に洗練されているイメージです。

カロリーと基本情報

カロリーと基本情報
商品名 サントリー天然水 プレミアムモーニングティー白桃
メーカー名 サントリーフーズ株式会社
価格 110円
内容量 540ml
カロリー 113.4kcal

見た目

見た目は完全に水です。紅茶の色も茶葉の破片すらも入っていません。

また桃果汁が入ってはいますが、液が濁っているようなことはなく果肉や繊維のようなものは全く見られません。普通の天然水という感じです。

におい

キャップを開けると、紅茶の茶葉の良い香りがします。セイロンティーのようなやや発酵が進んだ独特の酸味と香りを放つ本格的な紅茶の香りです。

そして白桃果汁の濃密な甘い香りもします。かなり本格的なピーチティーの香りです。一般的に清涼飲料水として市販されているピーチティーでもこれほど本格的な香りの商品は少ないです。

見た目は透明な水なのでとても不思議な印象です。

一口飲んでみると、まず紅茶の茶葉の渋みと独特の芳香、弱い酸味が口の中に広がります。かなり本格的な紅茶です。

そして白桃の甘み、そしてベースとなるサントリーの天然水のスッキリとした喉越し感で締めくくられます。かなり美味しいです。

一見すると透明な水にしか見えませんが、人工甘味料を使わず砂糖類を使用し、桃果汁を加えることで100ml当たり21kcalにも達しているので、かなり甘くて満足感のある味です。

ミントの清涼感も適度に効いていてとても美味しいです。

飲み心地

サントリーの天然水を使用しているだけに、とてもスッキリとした飲み心地です。しかも紅茶の茶葉の渋み、ミントの清涼感も効いていてかなりサッパリとした口当たりです。

人工甘味料が含まれておらず、砂糖類が使用されているので優しい甘みが特徴です。

サントリーの「天然水 プレミアムモーニングティー(白桃)」の総合評価

サントリーの「天然水 プレミアムモーニングティー(白桃)」の総合評価

全体的な感想ですが、かなり美味しいです。

いわゆる紅茶飲料にありがちな「甘ったるい」かんじではなく、天然水のスッキリとした飲み心地をベースに、紅茶の茶葉と白桃果汁の甘みを利かせているのが特徴です。

天然水の味わいと甘い物が欲しい欲求を同時に満たせる逸品です。