サントリーの「Bikkle(ビックル)500」

サントリーの「Bikkle(ビックル)500」を紹介します。

4種の乳酸菌とミルクオリゴ糖が入ったミルク感たっぷりで優しい味わいの乳酸菌飲料風の清涼飲料水です。

サントリーの「Bikkle(ビックル)500」を徹底レビュー

パッケージには中央部が六角柱のような形になった500mlサイズのペットボトルを使用しています。

手に持った感じはとても握り易いです。ペットボトルの首の部分は12面の面が構成されており、見た感じも綺麗です。

包装に用いているフィルムはやや黄色を帯びた淡いクリーム色をしており、全体的に「ミルク感」がアピールされています。

「4種の乳酸菌」という表示が非常に目立つ上に、「日清ヨークのピルクル」にも名前が似ています。

ピルクルは乳酸菌が生きている為に「乳酸菌飲料」ですが、サントリーのビックルは殺菌されているので清涼飲料水に含まれます。

カロリーと基本情報

カロリーと基本情報
商品名 ビックル500
メーカー名 サントリーフーズ株式会社
価格 91円
内容量 500ml
カロリー 225kcal

見た目

見た目はヤクルトなどの乳酸菌飲料のような「カルピス」の原液を少し薄めたような、ややトロミのある液体です。

ビックルには特にミルクオリゴ糖が含まれているとのことですが、見た目には類似品の乳酸菌飲料や清涼飲料との区別はつきません。

なお、全体的に濃度は均一で、浮遊物や底の方に沈殿物等はありません。

におい

基本的には乳酸菌飲料のような匂いがします。ヤクルトをすこし薄めて、乳酸菌飲料特有の酸っぱい匂いを減少させて、その分ミルク成分を多めに追加したような匂いです。

ミルクはミルクでも脱脂粉乳のような、やや牛乳臭い感じのミルクの匂いです。

さらにオリゴ糖などの糖分が入っているのでかなり甘くて濃厚な匂いです。

味はヤクルトに脱脂粉乳を混ぜたような味です。

かなり濃厚で美味しいです。

驚いたのが栄養成分票にもあるように「脂質ゼロ」という点です。

これだけミルク感を出しているにも関わらず、エネルギーこそ100ml当たり45kcalと高めですが、脂質が低いのは嬉しいです。

単に脂質が無ければヘルシーというわけではありませんが、かなり濃厚なミルク感の割に資質がゼロという点は高評価です。味の方ですが、やはり甘いです。

ミルク感も高いので、喉の渇きを満たす飲み物としては少し甘くて濃過ぎる感じがします。

飲み心地

飲み心地はとても優しい感じがします。脱脂粉乳を用いた優しいミルク感なので油っこさがあまりないのが特徴です。

甘みもありますが、乳酸菌飲料のような酸味もかなり利いているので全体的にはとても飲みやすいです。後味も特に苦みとか不快な感じは全くありません。

サントリーの「Bikkle(ビックル)500」の総合評価

サントリーの「Bikkle(ビックル)500」の総合評価

全体的な感想ですが、ややミルク感が強い乳酸菌飲料という感じです。少し脱脂粉乳の臭みのようなものも感じますが、全体的には美味しいと思います。

かなり味が似ている類似品に「アサヒ飲料のぐんぐんグルト」がありますが、ぐんぐんグルトは甘酸っぱい味が強めであるのに対し、こちらの「ビックル」は脱脂粉乳の配合量を多めにしています。

なので、同じような味でもかなりミルク感が強い傾向になっています。