富永食品の「アップルエード」

富永食品の「アップルエード」を紹介します。りんご果汁を10%使用した「りんご果汁入り飲料」です。

富永食品の「アップルエード」を徹底レビュー

パッケージデザインは非常にシンプルです。白い背景にりんごのイラスト、下部には赤い波のような模様が描かれています。

同社の「100%アップルジュース」に比べると、やや簡素なデザインの絵柄になっています。文字や枠の色はリンゴの皮をイメージした赤色で表示されています。

またりんごのイラストが使用されてはいますが、果汁100%でないと、果実の断面図のイラストを使用できないという規定がある為に、この商品の場合はりんごの外観のイラストのみを使用しています。

また、果汁入り飲料の場合、果汁100%でないと「ジュース」という表現が使用できないので、アップル「エード」になっているのが特徴です。

カロリーと基本情報

カロリーと基本情報
商品名 アップルエード
メーカー名 富永食品
価格 29円
内容量 185g
カロリー 76kcal

見た目

アップルエードの見た目については、青りんごのような淡い色が付いていますが、かなり薄い色合いです。

透明度はかなり高いです。りんご果汁由来の果肉成分などは全く浮遊しておらず、液中の濁りも全くありません。

品質保持の為に窒素ガスを封入しているので、グラスに注いだ直後は気泡がかなり出ますが、すぐに透明な状態に落ち着きます。

におい

缶のフタを開けると、りんごをすりおろしたような甘酸っぱい匂いがします。やや香料のような香りも含まれていますが、基本的に普通のリンゴジュースのような匂いがします。

口に入れた瞬間はかなり甘みを強く感じます。そして段々と酸味が強くなり、最後は渋みが口の中いっぱいに広がります。

この味の3段階の変化も実際にりんごを食べている時のような感覚にかなり近いと思います。

果汁は僅か10%、それに水を加えて加糖ぶどう糖液糖で甘みを追加し、そして酸味料や香料で味を調整していますが、かなり忠実にりんごの味わいを再現していると思います。

特に加藤ぶどう糖液糖を使用することで、水に良く溶け込んだ違和感のないフルーティなりんごの甘さを表現していて、果汁10%としてはとても美味しいです。

飲み心地

飲み心地は非常にスッキリとしています。酸味と渋みが若干強く、まるで「梅の果汁入り飲料」のような酸っぱさと渋みがあります。

飲み終わると口の中が渋くなり、歯茎が引き締まるような感覚になる程です。

富永食品の「アップルエード」の総合評価

富永食品の「アップルエード」の総合評価

全体的な感想ですが、果汁10%飲料としてはかなり美味しいです。

りんごの味がよく表現されていると思います。後味の酸味と渋みの成分が強めに感じられますが、爽快感と思えば納得できます。

価格が29円と極めてリーズナブルという点も高評価です。