小川製菓の「カラッパ(やきそば味)」

小川製菓の「カラッパ(やきそば味)」を紹介します。

ソースやマヨネーズ、青サ粉などで焼きそば風に仕上げた軽い食感が特徴のコーンスナック菓子です。

「カラッパ」というとあまり聞きなれない名称ですが、広島県三原市の小川製菓が製造しているスナック菓子の商品名です。

「カラッパ」というと、甲殻類のカニの仲間のカラッパ科のことを指すのか、方言なのかは不明ですが、中身は至って普通のスナック菓子です。

小川製菓の「カラッパ(やきそば味)」を徹底レビュー

パッケージの袋は表面には焼きそばの麺の色をイメージした橙色、裏面はシンプルな白色になっています。

表面には象やライオンなどの動物を擬人化したようなキャラクターがテニスラケットを持っている様子が描かれています。

左下部分には「やきそば味」という表示があります。

裏面は右側が原材料欄や社名、左側がバーコードや賞味期限が表示されています。

左側に余白スペースが多いのですが、栄養成分表示はありません。

また検索してもどこにも載っていないので、カロリーなどの栄養成分については公表されていないようです。

しかし「標準的なスナック菓子1g当たり、5.26kcal」という平均数値に基づいて計算すると、本品は7g入りなので、約37kcalと推定することができます。

カロリーと基本情報

カロリーと基本情報
商品名 カラッパ(やきそば味)
メーカー名 小川製菓有限会社
価格 10円
内容量 7g
カロリー 37kcal(推定)

見た目

袋を開封すると、直径3センチ程のドーナツ状のスナック菓子が合計7つ出てきます。

中央部分には直径1センチ程の穴が開いており、ドーナツのような見た目が特徴的です。

コーンパフの生地そのものの色は淡黄色ですが、表面にはソースや青サ粉などがトッピングされているので茶色く色付いている部分が見られます。

生地全体に付着しているのではなく所々に付着しているといった程度のトッピング量です。

パッケージの袋が大きめだったので、もっと量が入っているのかと思いましたが、改めて10円という価格を考えると妥当な量だと思います。

カラッパ1袋分のボリュームは、ちょうど「やおきんのうまい棒」1本分に相当するような感じです。

におい

マヨネーズのコクのある香りが非常に強いです。

そしてソースの香りもします。

焼そばというより、「お好み焼き」に近い香りです。お好み焼きの表面に青海苔やソース、マヨネーズをかけて混ぜたような匂いです。

この種のソース系スナック菓子としては比較的薄味の部類に入ると思います。

「菓道のキャベツ太郎」や「ジャパンフリトレーのたこやき亭」の味に若干似ていますが、こちらのカラッパはもっと薄味で、素朴で優しい味わいです。

塩分はかなり控えめ。ほんのりと甘辛いソースやコクのあるマヨネーズの味、そして青サ粉のほろ苦い味が広がる感じです。

ドーナツ状になっているので指でつまみやすい形状です。

また、一つ当たりのサイズが大きいのでとても食べ応えがあります。

食感

食感はサクサクとしていて軽い感じです。

小川製菓の「カラッパ(やきそば味)」の総合評価

小川製菓の「カラッパ(やきそば味)」の総合評価

全体的な感想ですが、やや薄味の味付けです。

醤油やソースなどの味が濃い食べ物が好きな関東人好みの味付けではなく、どちらかというと西日本系の薄味で、出汁や素材そのものの旨みを利かせた素朴な味わいです。

スナック菓子というと味が濃いものが多い傾向にありますが、このくらいの味付けがベストだと思います。