グリコの「プリッツ(トマト)」

グリコの「プリッツ(トマト)」を紹介します。

カリっとした食感のプレッツェル風生地に真っ赤なトマトと緑の野菜の旨みを加えた香ばしいプリッツです。

グリコの「プリッツ(トマト)」を徹底レビュー

パッケージは他のプリッツシリーズと同じく、縦型の紙製の箱が使われています。

「トマトと緑の野菜が入っている」というフレッシュなイメージを演出する為に、パッケージの外装の色は明るい白色、そして真っ白なお皿の上に輪切りにした真っ赤なトマト、鮮やかな緑色が特徴のセロリ、ほうれん草と共にプリッツが並べられている写真が印刷されています。

商品名の「PRETZ」は緑色、「TOMATO」は赤色で表示されており、全体的にサラダやオードブルのような雰囲気が演出されています。

箱の裏面には開け口が付いており、片手でオープンできるようになっています。

カロリーと基本情報

カロリーと基本情報
商品名 プリッツ(トマト)
メーカー名 江崎グリコ株式会社
価格 95円
内容量 60g
カロリー 302kcal

見た目

プリッツ(トマト)の見た目は、通常のプリッツと同様に長さは13センチ程のスティック状で、縦横3ミリ程の四角い断面になっているのが特徴です。

トマトを使用しているのでプリッツの生地の表面は薄らとオレンジ色を帯びています。

また表面全体に食塩の結晶がまぶされ、ほうれん草やセロリなどの野菜由来の粒と思われる黒い粒々が見られます。

におい

匂いはピザトーストやトマトサラダのような匂いです。

プリッツ本来の香ばしい香りに加えて、トマトの酸っぱい匂いとセロリのような少しクセのある野菜の香りが混ざっています。

非常に香ばしくて、匂いだけでもとても美味しそうです。

ピザトーストを食べているような感覚の味がします。

基本的に塩味を基調とした香ばしくてコクのある仄かに甘いプリッツ生地の味に加えて、トマトの酸味とセロリやほうれん草などの葉物野菜の苦みが加わり、全体的にサッパリとした味に仕上がっています。

プリッツの表面に食塩の結晶がまぶされているので、口に入れた瞬間にピリっとした塩気を感じます。

またセロリやオニオンシーズニング、香辛料などが入っている為か、スパイシーな味も感じます。

食感

食感はカリっとしていてとても良いです。

プリッツは見た目をプレッツェル風に仕立てたスナック菓子で、本場のプレッツェルのように硬くはないので、歯の弱い方や小さな子どもでも食べられると思います。

グリコの「プリッツ(トマト)」の総合評価

グリコの「プリッツ(トマト)」の総合評価

全体的な感想ですが、同社の「プリッツ(サラダ)」と比べると、こちらの方がトマトやセロリなどの多くの野菜が入っているので「豊かな味」がします。

またフレーバーとしては薄い塩味を基調としながらも、プリッツ生地本来の仄かな甘みを残しつつ、多くの野菜の旨みが味わえる仕上げになっています。とても美味しいと思います。