サンガリアの「炭焼きコーヒー」

サンガリアの「炭焼きコーヒー」を紹介します。炭焼きのような深い苦みと、コーヒー豆を焙煎したほろ苦い味と香りが特徴のコーヒー飲料です。

サンガリアの「炭焼きコーヒー」を徹底レビュー

「炭焼きコーヒー」という商品名の通り、缶全体が炭のように深い焦げ茶色に塗装されています。

「CHARCOAL ROASTED COFFEE」のチャコール(炭)という単語がいかにも、深みのある苦いコーヒーというイメージを連想させます。

全体的にシンプルなデザインですが、「炭焼き」や「ROASTED COFFEE」の部分などは金色で書かれていて、シンプルな中にも高級感があるデザインになっています。

カロリーと基本情報

カロリーと基本情報
商品名 炭焼きコーヒー
メーカー名 サンガリア
価格 39円
内容量 185g
カロリー 29.6kcal

見た目

炭焼きコーヒーというだけあって、見た目はかなり濃い色をしています。深い焦げ茶色をしていてとても苦そうな印象です。

液質的には水のようにサラサラとしていますが、脱脂粉乳やココナッツオイル、乳化剤などが入っているせいか、コーヒーフレッシュを入れて混ぜたミルクコーヒーのような滑らかな質感があります。

におい

炭焼きコーヒーというだけに、かなり苦い香りがします。グラスに注いだ瞬間にコーヒー豆を焙煎した時の豆が少し焦げたような香りがします。

とても香ばしくて良い匂いです。鼻を近付けると、森の中などで焚き火をしている時に鼻に入ってくる煙のような何とも言えない燻製のような良い香りがします。

そしてその奥にコーヒー豆の香り、さらにミルクのような香りも感じられます。

飲もうとすると、飲む前にまず鼻から香ばしい炭焼きや燻製のような香りが入ってきます。

そして口に含んだ瞬間に一瞬だけ僅かな甘味とミルクのような滑らかな味を感じますが、すぐに苦い味に変わります。

砂糖を使用しているのでブラックコーヒーほどの苦味はありませんが、基本的に甘みは殆どありません。

全体的に苦みと香ばしさ、そして酸味重視で、砂糖はアクセント程度にしか効いていません。

飲み心地

水のようにサラサラとしていて、なおかつコーヒー豆の苦み成分が強めなので、全体的にはスッキリとした飲み心地ですが、若干「油っこさ」を感じます。

牛乳ではなく、脱脂粉乳と乳化剤、ココナッツオイルを使用して「コク」を人工的に作り出しているので、どうしても「油っこい」質感になってしまいます。

ですが、同社のコーヒー飲料「カフェ・オレ」ほど油っこくはなく、比較的スッキリしていて飲みやすいと思います。

サンガリアの「炭焼きコーヒー」の総合評価

サンガリアの「炭焼きコーヒー」の総合評価

全体的な感想ですが、価格の割にかなり本格的なコーヒー豆の香りと味が楽しめます。

甘みは控えめで、ミルク感も控えめなので全体的にスッキリとした味わいが特徴です。