コカ・コーラの「ファンタオレンジ」

コカ・コーラカスタマーマーケティング株式会社が販売する「ファンタオレンジ」を紹介します。オレンジの果実をまるごと凍結乾燥、抽出したエキスを使用しているのが特徴です。

コカ・コーラの「ファンタオレンジ」を徹底レビュー

缶は全面がオレンジ色に塗装されており、正面中央にはオレンジの果実のイラスト、そして炭酸の気泡が沸々と湧き上がる様子が描かれています。

正面には「FANTA」という商品名が大きく書かれているのに比べて、フレーバーの種類を表す表示文字は小さめですが、缶全体がオレンジ色なので、見てすぐにオレンジ味である事が直感的に分かるようになっています。

缶の裏面には「合成着色料不使用、合成香料不使用、保存料不使用」そして「純水使用」と書かれています。

ただし、カロチン色素や甘味料(ステビア)などの合成ではない天然由来の調味料類は使用されているようです。

カロリーと基本情報

カロリーと基本情報
商品名 ファンタオレンジ
メーカー名 コカ・コーラ カスタマーマーケティング株式会社
価格 52円
内容量 160ml
カロリー 73.6kcal

見た目

色はやや明るいオレンジ色で、オレンジ果汁入り飲料特有の「濁り」が見られます。液全体に非常に細かい微粒子のようなものが浮遊していて透明度は低めです。

におい

グラスに注いで鼻を近付けてみるとオレンジの中身の果肉成分だけでなく、外側の果皮の部分のほろ苦い香りも感じられます。

単に甘いだけの香りではなく、ほろ苦い香りも混ざっていることで、爽やかで清涼感のある柑橘系の香りを感じることが出来ます。

合成香料不使用なので「人工的な薬っぽいオレンジの香り」も全くしません。

口に含んだ瞬間に炭酸の刺激とオレンジ果汁の甘酸っぱい味が口の中全体に広がりますが、炭酸の刺激成分が引いて、オレンジの酸味が落ち着くと今度はオレンジ果汁のフルーティな甘みが広がります。

砂糖類として「加糖ぶどう糖液糖」を使用しているので自然でフルーティな甘みが作り出されています。

カロリーは100ml当たり46kcalとやや高めなので糖分の量はかなり入っているものと思われますが、オレンジの酸味と炭酸の刺激が強いので、実際の糖度よりも甘みを感じません。

飲み心地

「純水」を使用しているので飲み込む際にとてもスッキリとした喉越しを感じます。

炭酸の刺激も心地良く、全体的にスッキリとした飲み心地に仕上がっています。しかし、果汁1%ということもあり、やや「水っぽい」質感になっています。

コカ・コーラの「ファンタオレンジ」の総合評価

コカ・コーラの「ファンタオレンジ」の総合評価

全体的な感想ですが、ファンタシリーズの中でも甘みがやや強いグレープ味とは異なり、オレンジ果汁を使用している本商品は、甘味よりも酸味をやや強く感じるのが特徴です。

しかし、それだけに甘酸っぱさや爽快感がより強く感じられる味付けになっています。