サントリーの「天然水 プレミアムモーニングティー(レモンティー)」

サントリーの「天然水 プレミアムモーニングティー(レモンティー)」を紹介します。

鳥取県日野郡江府町で採取した清冽な天然水を使用し、リプトンの香り贅沢茶葉、有機レモン果汁、ミントエキスを加えてスッキリとした味わいのレモンティーに仕上げているのが特徴です。

サントリーの「天然水 プレミアムモーニングティー(レモンティー)」を徹底レビュー

使用しているペットボトルは550mlと容量が大きめですが、細長いデザインなので手で持つ部分は8面の窪みが設けられているので手で握り易い形状になっています。

天然水飲料に多く見られる薄くて柔らかい素材のペットボトルが使用されています。

またペットボトルの上の部分には「サントリーの天然水」のロゴにもなっている雪が降り積もった山々の絵が立体的に描かれています。

包装されているフィルムはレモンティーをイメージした黄色のものが使用されています。

氷を入れたグラスに注がれたレモンティーにレモンの輪切りとミントの葉が添えられています。

「有機レモン使用」という表示と共にレモンの果実の写真が印刷されていて、全体的にとても清涼感のあるデザインになっています。

カロリーと基本情報

カロリーと基本情報
商品名 サントリー天然水 プレミアムモーニングティー(レモンティー)
メーカー名 サントリーフーズ株式会社
価格 91円
内容量 550ml
カロリー 115.5kcal

見た目

レモンティーというと、普通は少し黄色を帯びた紅茶の色を思い浮かべますが、この商品は「透明」な色が特徴です。

紅茶の成分やレモン果汁、ミントが加えられているにも関わらず色は完全な透明で、不純物や濁りなどは一切見られません。

非常に透明度が高く、見た目だけではレモンティーだとは気付くこともなさそうです。

におい

レモン果汁の香りと淡い紅茶の茶葉の香りが感じられます。レモネードのような少し酸味のある香りです。

同社の「サントリー天然水モーニングティー(白桃)」は、セイロンティーのような発酵が進んでいて少し酸味を含む独特の芳香を放つ香りでしたが、こちらのレモンティーはそうした茶葉のクセを取り除いた上品で淡い香りに仕上がっているのが特徴です。

口に含むと、最初に紅茶の茶葉の香りが口の中に広がりますが、とても淡い香りです。

そして次にレモンの酸味と糖分の僅かな甘みが感じられます。

そして飲み込む際には天然水ならではのスッキリとした透明感のある味わいが感じられます。

飲み心地

飲み終わった後に口の中にミントの葉の清涼感成分が微かに余韻として残ります。

同社の「サントリー天然水モーニングティー(白桃)」はもっと紅茶の茶葉の味や香りが濃く、白桃果汁の甘みが全面に打ち出されていて、とても飲みごたえのある味でしたが、こちらのレモンティーはかなり薄味でスッキリとした味わいに仕上がっています。

天然水を使用しているのでとてもスッキリとした飲み心地です。使用している水そのものにクセが無いので、口当たりも良く、そして飲み込む際に喉に刺激や違和感がありません。

ただし、糖分が控えめなのに対してレモン果汁の酸酸味成分が強めなので、飲み終わった後も口の中に酸味が余韻としてしばらく残るのが少し気になります。

もう少し当分の配合比率を高めて、酸味料を控えめにした方が、口腔内が酸っぱくなる状態が抑えられることで、もっと天然水そのもののスッキリとした飲み心地を堪能できると思います。

サントリーの「天然水 プレミアムモーニングティー(レモンティー)」の総合評価

サントリーの「天然水 プレミアムモーニングティー(レモンティー)」の総合評価

全体的な感想ですが、天然水を使用しているだけにとても口当たりが滑らかで清涼感もあって美味しいと思います。

しかし、糖分の甘み成分に対して、レモン果汁、そして酸味料などの「酸味成分」の配合比率が高めなので、飲んでいても口腔内が酸っぱくなりがちで、後味にもこの酸っぱさが暫く口の中に残り続ける点が気になりました。