森永乳業の「ピクニック」

今回は森永乳業の「ピクニック」を紹介します。

森永乳業のピクニックは1981年から長い間愛飲されています。ロングセラーです。

昔は病院にも自販機が入っていたりして、懐かしいと思われる方もいるでしょう。

ちなみに今回購入したピクニックの製造場所ですが、中京工場(愛知県江南市)での製造でした。

森永乳業の「ピクニック」を徹底レビュー

パッケージは当初のブロック型(他社に見られるような普通の形)とは違い(プリズマパック)、四辺がへこんでいてジュースを持ったときに中味が飛び出にくいように工夫されています。

「中身がとび出ないようコーナーをお持ちください」の表示があります。

力の加減が苦手な子供や高齢の方でも安心です。

パッケージの色はフルーツミックスジュースらしい白地にオレンジ色のデザインです。

ストローの穴がわかりやすいように、穴の周りが丸くオレンジ色になっています。

目の悪い方や暗がりでも色にコントラストがありわかりやすくていいです。

字体もわかりやすくて店で並んでいても見つけやすいです。

FSCロゴマークが入っています。これは適切な管理下にある森林から収穫された木材を原料にして製造された製品であることを森林管理協議会が認定したものにつけられるマークです。

常温で保管可能です。賞味期限は今回購入したものは3ヶ月以上あり、いざというとき役立ちます。

アレルギーに関しては、乳・リンゴ(27品目中)の記載があります。

原材料ですが、砂糖、果糖、ぶどう糖液糖、りんご果汁、乳製品、酸味料、安定剤(CMC)、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、カロチン色素です。

カロリーと基本情報

カロリーと基本情報
商品名 ピクニック フルーツ
メーカー名 森永乳業株式会社
価格 108円
内容量 200ml
カロリー 72キロカロリー

見た目

中身ですが、見た目の色は薄いカスタードクリーム色です。カロチン色素が使われています。

原材料に掲載のある果実はリンゴのみでした。果汁は10%未満入っています。

におい

においは、かなり甘く少しすっぱさもあります。こぼしたらべたつきそうです。

味は、においで感じたほど甘すぎることはなく、酸味もありさっぱりしています。

飲み心地

トロッというよりもサラッとしています。飲み終わったときに口の中でべたつくことなく入っていきます。

森永乳業の「ピクニック」の総合評価

森永乳業の「ピクニック」の総合評価

200mlで72キロカロリーならさほど高カロリーではないです。

リンゴの風味はあまり前面には出ていません。パイナップルのような風味がします。

「イメージ図」でイラストが描いてあるのですが、リンゴ、パイナップル、オレンジ、桃の絵が載っています。

入っていないのにそれらをミックスしたジュースの味がします。

ピクニックには、他にもいろいろな種類があります。コーヒー、エスプレッソ、ヨーグルト、ストロベリー、カフェ・オ・レです。