サンガリアの「まろやかカフェ・ラテ」

サンガリアの「まろやかカフェ・ラテ」を紹介します。

コクのあるコーヒー豆と乳製品を使用したまろやかなカフェラテです。

サンガリアの「まろやかカフェ・ラテ」を徹底レビュー

缶のデザインをパッと見た印象としては「ココア飲料」のような雰囲気に感じます。

缶は全体的にクリーム色に塗装され、正面にはコーヒーとミルクが渦巻き状に混ざっているイラストが描かれています。

「まろやかカフェ・ラテ」という商品名も、文字の周囲にペイントスプレーを使ってぼかしたような加工が施されており、全体的にまろやかなミルク感を全面にアピールしたデザインになっています。

原材料欄を見ると「砂糖、コーヒー、乳製品、ココナッツオイル、デキストリン、カラメル色素、乳化剤、香料」となっています。

また乳製品を多く使用しているせいか、100ml当たりのカロリーは41kcalと比較的高めになっています。

カロリーと基本情報

カロリーと基本情報
商品名 まろやかカフェ・ラテ
メーカー名 サンガリア
価格 48円
内容量 190g
カロリー 77.9kcal

見た目

見た目はコーヒー牛乳のような色合いと質感です。

いわゆるミルク入りの缶コーヒーのような乳化剤と植物油脂を混合させて水を乳化させたような「水っぽくて、なおかつ油っぽい」質感の液体ではなく、本物の「牛乳」が入っているような自然な柔らかい質感の液体です。

とても美味しそうです。

香りも非常に滑らかでコク深いです。

におい

牛乳の香りがします。

いわゆる生クリームのようなねっとりとした香りではなく、また脱脂粉乳のような感じでもなく、本物の牛乳とコーヒーを混ぜ合わせたような柔らかい香りです。

とても美味しいです。

牛乳を主にしてコーヒー味を追加したような、とても飲みやすいミルクコーヒーに仕上がっています。

いわゆる「瓶入りのコーヒー牛乳」に限りなく近いコクのあるまろやかな味わいです。

糖分としての甘さは控えめですが、牛乳本来の優しい仄かな甘みが感じられます。

酸味、苦み、渋みといったコーヒー豆独特の刺激成分は極力抑えられていて、子どもでも飲みやすい優しい味に仕上がっています。

飲み心地

非常にソフトで滑らかな飲み心地です。

一般的に缶コーヒータイプのミルクコーヒーは、概ね酸味や苦みが強いものが多く、また油脂類や乳成分を乳化剤によって水と混合させることで人工的なクリーミーさを作りだすことによって「油っこい質感」になってしまっているものが多いのですが、この商品は極めてまろやかで、自然な「牛乳のコク」が出ています。

コクとまろやかさがあるのに、牛乳らしいスッキリとした飲み心地に仕上がっています。

サンガリアの「まろやかカフェ・ラテ」の総合評価

サンガリアの「まろやかカフェ・ラテ」の総合評価

全体的な感想ですが、かなり美味しいミルクコーヒー飲料といえます。

商品名の「まろやかカフェ・ラテ」の通り、牛乳本来の自然なまろやかさとスッキリとした味わいに仕上がっています。