サントリーフーズの「はちみつレモン」

サントリーフーズの「はちみつレモン」を紹介します。

1986年(昭和61年)に発売された「はちみつレモン」は酸っぱいレモンと甘い蜂蜜を加えた甘さスッキリとした飲み心地が特徴です。

果汁10%未満、100ml当たりのカロリーは46kcal、脂質ゼロ、1.5リットルのペットボトルの商品の賞味期限は製造から8か月となっています。

ちなみに470mlサイズのペットボトルの場合の賞味期限は7か月です。

サントリーフーズの「はちみつレモン」を徹底レビュー

パッケージデザインは昔から変わりません。

「サントリーはちみつレモン」という商品名と、緑色の樹木、そして蜂が飛んでいるイラストが描かれています。

よく見ると木の枝にレモンの果実のようなものが付いています。

また「ビタミンCたっぷり」という表示が追加されています。1.5リットルサイズ仕様のペットボトルの形状は、昔ながらの角張った形をしており、剛性たっぷりなので手で握っても殆どへこまないほどの硬さがあります。

しかし中央部分には指を引っかける凹みがあるほか、下部の部分にも複数の彫り込みのような凹みが作られていて、手で持ってグラスなどに注ぎやすいように工夫がされているのが分かります。

ラベルの厚みもあり、ペットボトルにしっかりと密着していて全体 的にしっかりとした印象です。

カロリーと基本情報

カロリーと基本情報
商品名 はちみつレモン
メーカー名 サントリーフーズ株式会社
価格 159円
内容量 1500ml
カロリー 690kcal

見た目

見た目は薄い黄色をしていて、蜂蜜の他にレモン果汁が入っている為に透明度は低く、かなり濁っています。

そこの方に沈殿物は見られませんが、サントリーの説明では果汁成分などが沈澱する場合があるとのことです。

なお、このペットボトルは冷凍には対応していません。

におい

キャップを開けると、かなり爽快感のあるレモン果汁またはレモン香料のような強い香りが広がります。

よくあるクエン酸やビタミンCが多量に入っているレモン系飲料のような、やや人工的なレモンの香りです。

しかしながら、とても懐かしい香りです。

子ども時代によく飲んでいた商品だけに、暑い夏に、当時は缶入りの「はちみつレモン」を自販機で購入して飲んだ時の懐かしい記憶が蘇ってきます。

とても美味しいです。

一気飲みしてしまいそうなくらい美味しいです。

口に含んだ瞬間はレモン果汁の酸っぱい味が広がるのですが、すぐに蜂蜜の濃密な甘さが広がって、最後にレモン果汁の酸味成分が口の中をサッパリとさせるような仕上がりになっています。

飲み心地

酸味成分としてはそれほど強くはなく、程よい酸っぱさを演出しながらも、蜂蜜特有の口の中にまとわりつくような濃密な甘さが味の主成分を構成しており、全体的に甘い味わいながら、後味はとてもスッキリとした飲み心地に仕上がっています。

サントリーフーズの「はちみつレモン」の総合評価

サントリーフーズの「はちみつレモン」の総合評価

全体的な感想ですが、とても懐かしくて非常に美味しいというのが正直な感想です。

味の構成としては極めて単純で、とても素朴な飲み物なのですが、やはりこの種の飲み物としては果汁成分が10%と比較的高めで、なおかつ蜂蜜の含有量が多いのか、全体的にとても濃密な甘さが印象的です。

結果として非常に満足感の高い味わいに仕上がっています。